「パワハラ防止法」6月1日施行、パワハラはなくなる?

「パワハラ防止法」6月1日施行、パワハラはなくなる?

パワハラ防止法の概要

パワハラ防止法の画像2

以前から問題としてあげられていたパワハラですが・・・明日の6月1日から施行されます!

では新たに決まったこのパワハラ防止法が施行されるとパワハラは改善されるのでしょうか?

対象は大企業のみがスタートで中小企業は2022年4月からで努力義務となってます!

パワハラの定義とは?

怒鳴られ謝罪する男性の画像

パワハラの定義は、職場内での優位性や立場を利用して、労働者に対して業務の適正範囲を超えた叱責や嫌がらせを行うことです。パワハラは法律で具体的に明記されていないものの、厚生労働省で以下のように定義されています。

あかるい職場応援団 -職場のハラスメント(パワハラ、セクハラ、マタハラ)の予防・解決に向けたポータルサイト-
あかるい職場応援団は職場のハラスメント(パワハラ、セクハラ、マタハラ)、いじめ・嫌がらせ問題の予防・解決に向けた情報提供のためのポータルサイトです。

パワハラの3つの定義

怒る男性とうなだれる女性の画像

ワハラの定義を簡潔にまとめると『地位や優位性を利用した苦痛を与えて職場環境を悪化させること』と言え、このことからパワハラの判断基準となるのは以下の3つがあげられます!

 

  1. 職場の地位・優位性を利用している
  2. 業務の適正な範囲を超えた指示・命令をしている
  3. 相手に著しい精神的苦痛を与えたり、その職場環境を害する行為をしている

職場の地位・優位性を利用している

先輩と上司から叱られる画像

職場での地位や優位性を利用して利用して行なわれるもので、対象は上司や先輩などがあげられます・・・

「断ればなにをされるのか分からない」「評価に繋がる」といった圧力でパワハラに対処する事が心理的にも億劫になります。

業務の適正な範囲を超えた指示・命令をしている

怒鳴る男の画像

パワハラは、業務の適正を範囲を超えている場合に限り成立すると考えられます。

 

例えば、少し言い方が悪くても、その内容が一般的に業務として行なわれるべき内容であれば、パワハラには当たりません。

 

例えば、業務とは関係ない個人的な事項を命令することや、注意指導にあたって土下座を強要することなどがあげられます。

相手に著しい精神的苦痛を与えたり、その職場環境を害する行為をしている

怒る男性とうなだれる男性の画像

パワハラは、相手の人格や尊厳を毀損する発言を行うことで著しい精神的苦痛を与えることもあります。

 

ちょっとしたミスをあげつらえて「死んでしまえ!」「早く辞めろ!」のような発言や・・・見せしめのように全社員の前でのつるしあげや、一時だけでなく1時間も叱るなどは、パワハラとなる可能性が高いです。

パワハラ6つの類型

チェック

  1. 身体的侵害
  2. 精神的侵害
  3. 人間関係からの切り離し
  4. 過大な要求
  5. 過小な要求
  6. 個の侵害

身体的侵害

殴る前のシルエット画像

目に見えて分かりやすい暴力や傷害のことです。

殴る・蹴る・突き飛ばすなどがあり、タバコの火を近づけたり、立ったまま電話営業をさせるようなことも身体的侵害型のパワハラにあたります

精神的侵害

男性の言動が不安な女性の画像

脅迫や名誉毀損、侮辱、酷い暴言などの精神的侵害はパワハラの典型例と言えます。結果的に精神障害を患ってしまうようなことも多くあります。

人間関係からの切り離し

ヒソヒソ話の画像

無視、隔離、仲間はずれにするなどの行為も、度が過ぎるとパワハラに該当する可能性があります。仕事を教えない、席を隔離する、やっている内容は非常に幼稚です。

過大な要求

ノルマを強要する男性の画像

業務上明らかに達成不可能なノルマを課すことで、相手の職場環境が害されている場合は過大な要求としてパワハラに該当する可能性があります。更には、達成できなければ、怒鳴る、殴るなどの他のタイプのパワハラとも併用されます。

過小な要求

一方、程度の低い単調な作業を与え続けることも、これにより相手の職場環境が害されている場合はパワハラに該当する可能性があります。

毎日、部長周りのお世話やお茶汲みしかやらせなかったり、単調な作業を延々とさせること、関係の無い草むしりを延々やらせる、仕事を全く与えない等、度が過ぎればパワハラとなります。

個の侵害

上司から方に手を置かれ驚く女性の画像

プライベートな内容に過剰に踏み入ってくる行為も、相手に精神的苦痛を与えたり職場環境を害することがあればパワハラと言えるでしょう。なお、女性に対して個の侵害を行なうと、セクハラともなる可能性もあります。

パワハラの対処方法と解決策とは?

鍵を開ける様子

大きくわけると改善を求めるか諦めるかの2つにわかれそうですが・・・

 

  1. パワハラを止めさせたい
  2. パワハラを訴えたい
  3. 諦める
  4. 退く・・・

パワハラを止めさせたい

ストップをかける女性

多くの方がパワハラを止めさせたいと思うでしょうが・・・

 

もし、上司や先輩個人でパワハラが行なわれているようなら、まずは会社を味方に付け、パワハラを行っている人物に注意してもらうように働きかける事が大切です。

 

また1人ではなく複数で対処するのが大事です

パワハラを訴えたい

弁護士のバッチ

パワハラの程度がひどい場合や、精神障害などの実害が既にでている、会社が全然相談を聞いてくれない、賃金未払いなどの他の会社での問題もある。

 

そのような場合、会社を訴えることも考えてよいですが・・・残念ながらパワハラは立件しにくい問題でもあり難しいです・・・

 

相談先として、一般的には労働局があたりますが・・・労働裁判の前の斡旋を紹介されて終わるケースが多く、解決せず退職される方も多いのが現状・・・

 

最悪は組合やユニオンに加入して外部機関を使う方法があるものの、私自身の経験上は解決しtくぁ事がないので・・・本当に戦う意思が強いなら相談先は弁護士となるかと思われます・・・

諦める

うなだれる女性

中小企業で、改善を求める事により風当たりが強くなるなら諦めるなら1つの選択手段です

退く・・・

落ち込む男性

改善の余地や見込みもなく、健康面での被害が出そうなら退いて転職活動にあてる方法もあります

ことわざに石の上にも三年とありますがブラック企業なら早めの撤退の方が被害は少なくてすみます

退職代行サービスを活用するの手!

退職届

面と向かって退職届や退職願を出せる方なら良いですが・・・

人手不足の職場の場合、引き留めがあったり・・・

残った有給休暇を消化したくても使えなかったり・・・

 

そんな方を助けてくれるサービスとして退職代行サービスがあります!

 

 

 

近年は退職代行サービスも始まってますので、自分で動くのが難しい場合は相談するのも方法の1つです


退職代行ガーディアン


業界競争力NO.1の【退職代行ガーディアン】が遂に降臨!

https://www.cisuratex.com/archives/21

コメント